きままにローコスト・トラベル

活気溢れるローカルタウンを散策 チャイナタウン周辺のモデルコース

クアラルンプール市内観光のチャイナタウン周辺を巡るモデルコースでは、東南アジアらしい賑やかな雰囲気を堪能できます。LRTのパサールセニ駅を起点として、見学時間が2時間程度のルート。チャイナタウン周辺には、セントラルマーケットや関帝廟、スリ マハ マリアマン寺院などの観光スポットがあります。メインストリートであるプタリン通りは、屋根が付いたアーケード街になっており、夕方になると歩行者天国になります。数多くの露店や屋台で埋め尽くされ、B級グルメを満喫できるのはもちろんのこと、賑やかな雰囲気の中を見て歩くだけでも楽しいです。できれば夕方以降に見て回るのがオススメ!

【チャイナタウンエリア】ウォーキングマップ(PDF)を参考に歩いてみよう。

LRT パサールセニ駅スタート
セントラルマーケット - Central Market -
1888年に始まった歴史あるマーケット。1階はなまこせっけんなどを売っている雑貨屋さんやカフェ、2階は服飾系・フードコートなどたくさんの雑貨店・お土産店で賑わっており、ゆっくり見て歩くだけでも楽しいです。 マレーシアらしいお土産を探すなら、ここは要チェック!
●開:10:00〜21:00 ●休:なし(店により異なる)
フィッシュ スパ
- Fish Spa -

小さな魚が足の角質を食べてくれて、ツルツルになるスパ。小魚に突っつかれ、ちょっと?くすぐったいのが何とも言えません。話のネタにもぜひ、試してみよう。
●場所:セントラルマーケット1階 ●価格:RM5(10分)これは、お得!
市内中心部ブキッビンタンのマッサージ屋では2〜3倍の価格です。


セントラルマーケットを出て、横断歩道を渡り左折します。


Tun H.S.Lee(トゥン H.S. リー)通りの看板が見えたら右折します。


関帝廟
- Guan Di Temple -
三国志で有名な、商売の神様ともいわれる「関羽雲長」を祀った道教寺院。天井からぶら下がったお線香や独特な色使いが中華系寺院らしいです。風水の要素を取り入れて建てられているそうなので、パワーをもらっちゃおう!
●開:7:00〜16:30位(夕方には閉まるので注意) ●休:なし ●料:無料
スリ マハ マリアマン寺院
- Sri Maha Mariamman Temple -

関帝廟の斜め向かいにある、マレーシア最古のヒンドゥー教寺院 。入口の大きな門塔には、ヒンドゥー教の神々が色鮮やかな彫刻で飾られています。地元インド系の方々が多く参拝されています。小さいながらも見応えがありです。
●休 なし ●料:無料


スリ マハ マリアマン寺院を出てまっすぐ進むとUOスーパーとセブンイレブンがあります。そこを左折し真っすぐ進む。
スポンサーリンク
海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】

チャイナタウン散策
- China Town/Petaling Street -


グルメ食べ歩き!
チャイナタウンのメインストリートであるプタリン通りは、夕方になると歩行者天国になります。数多くの露店や屋台で埋め尽くされ、賑やかな雰囲気の中を見て歩くだけでも楽しいです。できれば夕方以降に見て回るのがオススメ!

■チャイナタウンのやみつきB級グルメ
海南チキンライスや亀ゼリーもぜひ食べてみよう。


豆腐花の屋台
とろけるような豆腐に、甘いシロップがかかった中華の温かいデザート。シロップは白蜜か黒蜜を選べます。
●価格:RM1.2〜


ロンガン水(龍眼水)の屋台
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、健康に良さそう。味は漢方風で甘めです。
●価格:RM1.5〜


南国フルーツの屋台
パイナップルやスイカから珍しいドラゴンフルーツまでお手軽価格で食べられます。カットされているので食べやすい。
●価格:RM1.2
スポンサーリンク

旅の達人が伝授
海外個人旅行 準備の流れ

マイたび@インフォメーション
マレーシア基本情報

魅惑の近代都市
クアラルンプール

歴史情緒溢れる古都
世界遺産マラッカ

ビーチと歴史の島
東洋の真珠ペナン

紅茶の高原避暑地
キャメロンハイランド

大自然に囲まれた秘境
ネコの街クチン

国内も海外もこれ一枚で
旅行保険付きクレジットカード

楽天カード

年会費は永年無料、日常のお買い物やETC通行料金・旅行費用でもポイントが貯まります。
●傷害死亡・後遺障害 2000万円
●傷害治療・疾病治療 200万円
●救援者費用 200万円
●携行品損害 20万円
航空券やホテル代・ツアー代など旅行代金を支払うだけで、これだけの補償内容が付いてくるお得なクレジットカードです。

ページ上に戻る
inserted by FC2 system